*Event1*

円山動物園 「リーフアート展」 http://www.city.sapporo.jp/zoo/



2008年10月11日〜13日
無事終了しました♪
8月に円山動物園内の熱帯植物園が、34年間の長い歴史に終止符を打ちました。施設取り壊しの前に植物園にある植物を使って、植物にちなんだ作品の展示や販売、実際に葉っぱに触れて遊んでもらうコーナーもある・・・そんなイベントが開催されました。

お花モチーフの多い私のアクセサリー・・・そんなつながりでお誘いがあり参加させていただきました(*^_^*)初めてのイベントの参加にかなりドキドキしながらも、準備などに追われバタバタの数日間でした。友人のsinsinを運営している、みゆきちゃんと3日間イベントのお手伝いをしたり、アクセサリーを作ったりしていました。当日は、たくさんのお客様にご来場いただいて、本当に楽しく過ごさせていただきました。

色々な人との出会いがありました・・・実際にアクセサリーを手にしていただいたお客様との出会いやイベントで知り合ったアーティストの方たちやお世話になった動物園の方々、そしてご来場いただいたお客様。ほんの数日間でしたが、いつもと違った素敵な時間を過ごすことができました(*^_^*)

1つ1つの出会いを大切にして、またこんな機会があればぜひ参加してみたいなぁ・・・と思いました♪

そんな「リーフアート展」の風景をちょこっとご紹介したいと思います。


アラウンド ザ コーナー
道順 大地くん

トゥーウィッシュスタイル・桜井さん







コスケこと小助川 裕康くん フルール若林・若林さん ダンクールさん

電気をつけるとまた違った雰囲気です。奥にある大きな葉っぱは、小助川 裕康くんの作品です。 あぐら家具企画・原さん


1日目 ライブペイントをしてくれました♪

高 幹雄くん


2日目ライブペイントをしてくれました!こちらは、「ゴクラクチョウカ」の葉っぱの裏に描いています♪

nano graphic・白鳥 絵美ちゃん

3日目ライブペイントをしてくれました♪

ノーザングラフィックス・デカチョーさんこと吉田さん

3日間お隣りさんで楽しく過ごせました♪左側の白基調のお店がsin sinさんです。

sin sin
baboさんことみゆきちゃん











いったい何を作っているのでしょう・・・「リーフアート展」前日に作った、葉っぱのカエルさんです〜♪1度失敗してしまいましたが、大きめの葉っぱで再チャレンジ!立派なカエルができました(*^_^*)sin sinさんが白基調、私のお店は落ち着いたナチュラルカラー。

「ゴクラクチョウカ(ストレリチア)」という植物のとっても大きな葉っぱ・・・植物園でスクスク育ちました。人が小人に見えてしまう葉っぱの大きさにビックリです!!なかなか普段触ることのない葉っぱです。イベント最終日、お絵かき用のこの葉っぱを植物園からアラウンド ザ コーナーの道順さんと担いで持ってきました。自分の身長よりも大きな葉っぱを持って歩く姿は、やはり森の小人が・・・といった感じでかなり目立っていたことでしょう。写真が、無いのが残念ですが・・・


「ゴムの木の葉っぱ」でお面を作ったり、葉っぱに絵を描いてみたり・・・
ちびっ子たちが、パパやママと一緒に遊んでいましたよ(*^_^*)葉っぱに木の枝で絵を描くと、あら不思議・・・しばらくすると絵が浮き出てきます。やはりスクスク育った大き目の葉っぱは、遊びごたえがあるようで、ちびっ子たちに大人気でした♪

ゴムの木の葉っぱは、木から切るとき、白い液が出てきます。ゴムの液なのでしょうか・・・葉っぱを収穫に植物園に行ったとき、そうとは知らず、ザクザク上から葉っぱを切っていたら・・・ポタポタと白い液体が・・・危うく液まみれになるところでした・・・いっぱい切っても、ゴムの木はすぐに生えてくるようです。生命力の強い植物なんですね。

「ビロウヤシ」の葉っぱで作った、カエルとカタツムリです。カエルは、私作です(*^_^*)大きめの葉っぱで作ったら結構大きいカエルになっちゃいました。入り口に飾ってあった植物の葉っぱの上にこっそりいました。カタツムリは、実際作ってみることも出来て、私もお手伝い・・・何人かのお客様と本を見ながら作ってみましたよ。
ちびっ子たちもとっても上手に作っていました(^^♪家で遊ぶのもいいけど、たまに自然とふれ合って遊ぶのもいいですね。

集合写真です。イベント終了後片づけをした後、「ゴクラクチョウカ」の葉っぱトンネルを事務所の展示スペースに移動しました。小さくて見づらいですが、私は2列目真ん中で白いカーディガンを着ています(*^_^*)みなさま、お疲れ様でした♪♪ 
                                                                  2008年10月13日  

 Menuへ ページのTOPへ↑